あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

太陽が破裂した日

西に沈む眩しい黄色い太陽が

眩い光を発して消えたんだ。

僕らはあっという間に静かな暗闇に迷い込む。

そして気付くんだ。

またここへ帰って来たんだと。