あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

the first day 〜太陽が破裂した日〜


あの僕らを包んだ灼熱の太陽が、


光を失い始めていた。


そして「あの日」がやってくる。


西に沈む眩しい「黄色い」太陽が


眩い光と共に消えたんだ。


僕らはあっという間に静かな暗闇に迷い込む。


見えてるものが、聞こえてるものが。


激しい風が吹き荒れ、


やがて静寂がやってくる。


そしてその時わかったんだ。


君すら知らなかった「本当」の事が。