あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

「愛」という形のナイもの

「三寸尺で、びしっと叩かれて。それが痛いんだけど嬉しくて。」


彼はそう語りながら、遠くを見つめていた。


目は充血し今にも涙を零しそうになりながら。


僕の知る「愛」は、まだ未完成なのだろう。


深すぎる「愛」とは、人の生死すらも飲み込んでいく。


「愛」って本当に必要なのだろうか?


銀河の果てまで旅は続き、風は吹く。


消えることのない、過去の記憶を抱いて。