あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

ストックホルム日記その③

ガムラスタンの中を歩いていた際に見つけた、大きな建造物。


前ではポスターを持った人々が何か訴えている様子で、「裁判所かな?」と思いながら撮影しましたが、実際は国会でした。


どの景色を撮っても、なぜか空が綺麗に見えるのは何故でしょう?