あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

サイカイ。〜始まりの風〜

終わらせるためだった。


全ては殻を脱いで羽ばたくため。


わたしはそう言い聞かせていた。



何故あなたは私に


「また逢いたい」


なんて言ってきたの?


わたしの最後の復讐。


あなたへの未練を断ち切るため。


なのにあなたは、あの人変わらぬ、


澄んだ瞳でわたしを見つめる。


そんな瞳で見つめられたら、


わたしの心は、


濁ったはずのわたしの心が激しく高鳴る。


一瞬風が吹き、わたしの髪が視界を遮る。


髪を上げ、再びあなたを見つめ直すと


あなたは木を見上げていた。


「もう夏になるね」


わたしの時が、再び…


川の流れはいつも同じ。


当たり前のように。そっと緩やかに流れ始めた。