あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

車窓からの景色

新宿へ向かう上り線急行列車の


高速に流れ行く景色の中に、


ふとあの時を思う時。


車窓から見えた一つ一つに、


それぞれの想いが詰まっていて。


朱色に染まった夕暮れの雲は


なぜか涙を誘い出す。



時は流れ、人は移ろい、


それでも日は登り、沈む。


風は吹き、森は揺れる。



散った夢はいつかまた誰かの中に宿るから。


君はいまどこで何をしている?