あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

自分は自分

キセキって信じるかい?

緑の星に生まれて時を経て、運命に巡り合う。

ねじまきのような動物に会い、冬の世界で本を読む。

高い壁に囲まれた世界の中から君を想い、

moonがsunの陰に隠れたら、彼らが舞い戻る

もしキセキを信じるなら。

僕は僕でしかないから。