あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

恋というギャンブル

あなたと出会ったのは寒い冬の夜。


路地裏で泣いていた私を


「もう大丈夫だよ」


と言って抱きしめた。


あのときのあなたの温もりは、いまでもずっと覚えている。



「嘘だよ」


あなたはまるでカジノのディーラー


わたしの心を弄ぶ。


あれもこれも、全てあなたが色をつけたくせに


まるで何も無かったかのように全て消え去った


だけど、今もあなたの温もりは


あの日のあなたをずっと