あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

日帰り温泉旅情

寝息を立てる君の香りが心地よくて、


バックミュージックのボリュームを下げる。


窓の外には綺麗な赤富士。


心の中で祈る。


「このまま時間が止まればいい。」




「パパに会いたくなっちゃった。」


感情の粒が一滴、僕の心に注ぎ込む。


僕には、君の顔を覗き込む勇気も無く、



「そうなんだ。」


と素っ気なく返す。


人を好きになる気持ちの感覚ってどんなのだか


手当たり次第、頭の引き出しを探しまくる。


ノーベル賞もアカデミー賞もいらないけど、


神様、この答えを教えてください。


短くて長い旅の後、


僕は何か変わったのだろうか。


そして君は、本当は誰を想っているのだろう。