あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

真夜中の手紙

あれから何年経ったのだろう。


眠れない夜に、あなたへの想いを綴ったあの手紙。


今も元気でいますか?


私はおかげさまで元気です。


ちょっと太ってしまったけれど。


あの時の返事を私は聞かなかった。


いや、聞けなかった。


心が痛くて、苦しくて、


あなたから逃げてしまったの。


それを今も後悔している。


あなたがもし幸せなら、


それで構わない。


私はあなたの側に居たかった。


その想いを胸に、これからも生きて行くわ。