あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

「不確かさ」という現実の先

アヒルの子は、絶対白鳥にはなれない。


けれども醜い幼虫が、


虹色の蝶になる日は必ず来る。


僕や君は、美しい羽の代わりに


丸くて重い頭を抱えて生きる。


扱いの難しい、やっかいなやつだけど、


こいつのお陰で


辛い過去を理解し、


夢見る未来を想像出来る。


アヒルの親には見抜けない。


カラスの色では光らない。


不確実な今を、


未来を見据えて生きる事は


人にしかできない事。


僕らはゴッホやモーツァルトではないとしても。


どんな未来であったとしても。


光が風が、


鮮やかな未来のキャンパスを


使いこなせるのは


やっぱり

人にしかいない。