あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

我々は蟻である

名前はまだない。君にも名はない。死ぬまで誰も名付てはくれないだろう。

なぜなら私も君も「蟻」だからだ。我々にはアイデンティティなど必要ないのだから。

巣を出て、仲間の作った道を辿り、餌を見つけて帰ること。それが役目だ。

サボる仲間もいるが、私には関係はない。体の動く限り仕事をすること、それが私の生きる意味だ。