あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

本当の偉人は「すぐ側」にいる

「あの日の弁当の材料が、何もなかったから芋のつるを入れたのよ。」


女学校時代を語るあなたは、背中が曲がり歩くことすらままならない。


おまけに生きる意欲を失い、誰が声をかけても病床のベットから起きようとしなかった。


「小説は好きだったの。〇〇さんとか」


あなたは次々と、私の知らない名前を悠然と語る。


理不尽な時代の波に呑まれ、


問屋の令嬢は農家に嫁ぎ、


雨に打たれ、風にさらされ、


姑に奴隷のように扱われ。

それでも、命を、この国を必死で守り繋いできた。


誰が偉人でも構わない。でもこんな人達が埋もれて忘れ去られてしまうのは、僕には耐えられない。


「あなたの小説いつか読ませてね。」


あなたと話したあの話を、


僕はいつか現実にしたくて。


あなたの生き様を「誰かに」伝えたくて。