あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

君と僕の川辺に見えた景色

「足りないものって何?」


そう僕は呟くけれど、


君は何も答えず


ただ下を向いて、ゆっくりと歩き続けている。


少しだけ強い風が吹き、


靡いた髪に君は手を伸ばす。


橋の下に見える川にもわずかな漣が立つ。



僕があの日の僕にその結末を伝えられたなら。


僕以外の誰かに君を。


そんな未来と過去を作りはしなかったのに。