あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。「風に吹かれて」、感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

祈りよ届け

「キロ6分」

逸る気持ちを抑えつつ、顔を挙げて空を見る。

まだ君が見てるから、きっと祈りは届くはず。

出会ってしまったあの日から、あなたは僕を支えてくれた。

急上昇して星に向かったあの時も、地の底を這いつくばったあの夜も。

あなたは今何を思い、天を見るのだろう。

また会えるその日まで、僕はただ走り続ける。

我々は蟻である

名前はまだない。君にも名はない。死ぬまで誰も名付てはくれないだろう。

なぜなら私も君も「蟻」だからだ。我々にはアイデンティティなど必要ないのだから。

巣を出て、仲間の作った道を辿り、餌を見つけて帰ること。それが役目だ。

サボる仲間もいるが、私には関係はない。体の動く限り仕事をすること、それが私の生きる意味だ。