あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

北欧スウェーデンの首都ストックホルム

どうも。「あの風に吹かれて」です。


私ごとですが、


次週6日間の日程で行って参ります。


実はヨーロッパ行く事自体初めてでして。


というよりも海外に行くのが実に13年ぶりでして、

慌ててパスポートの再発行申請してきました。


言葉も文化も分からず一抹の不安はありますが、


今回も「なんとかなるさ」


のハッタリ精神でいってまいりやす。はい。


妹から聞いた話では、


スウェーデンはデザイン先進国だとか。


ヘボな詩同様、センスのない私が浮いてしまわないかどうか…



向こうでの様子をしばらくは


アップしていこうと思いますが、


何かリクエストやアドバイス等


情報持ってらっしゃる方が居ましたら、


是非是非コメント下さい。


ではでは〜。

君と僕の川辺に見えた景色

「足りないものって何?」


そう僕は呟くけれど、


君は何も答えず


ただ下を向いて、ゆっくりと歩き続けている。


少しだけ強い風が吹き、


靡いた髪に君は手を伸ばす。


橋の下に見える川にもわずかな漣が立つ。



僕があの日の僕にその結末を伝えられたなら。


僕以外の誰かに君を。


そんな未来と過去を作りはしなかったのに。