あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

高尾山

今年の夏休みは息子と一緒に過ごす時間を多く取るようにしましたが、最後に初高尾山に行って来ました。


年間数百万人が来るって事だったので、駐車場に空きがないかなぁと思っていましたが、平日だったからかかなりガラガラでした。


今回はAルートだったからなのかもしれませんが、リフト降りてから山頂まで40分程度で登山というよりは「山にある長いお宮参り」といった感覚でした。


以前安土城跡を登ったことがありましたが、その方がきつかった印象です。


所々に生息しているモモンガのインフォメーションがありましたが、日中はさすがにお目にかかれませんでした。


息子は登頂終えて自信がついたのか、


「次は富士山を登る!」


と言ってました。


山の中で、木や景色を見ながら歩いて時間を過ごすのは良いリフレッシュになりますね。


約束の場所

星の数ほどいる人の中で、


僕らは出会い、恋をした。


夏の終わり、あの時顔を上げて君と目が合わなければ。


僕と君はそれぞれの列車で旅をする。


どこで乗り換えればあの場所でもう一度会えるの?


僕らはまだ旅をする。


窓の外の星に願いを込めながら。