あの風に吹かれて 〜blowing the wind〜

「風に吹かれて」徒然なるままその日暮らし。気づいた事感じた事を勝手に書き綴っていきます。

海の仙人

「汚い事はするな。ケチな人間にはなるな。」


そういうと、散らかった部屋の中心に、一際存在感のあるギターを持ち、私の知らない曲を歌いだす。


およそ海に似合わないその姿に、時代が止まったその空間。


海風はどこまでも爽やかで、人の営みを消し去ろうとするけれど。


海はどこまでも青く、そして穏やかで。


なぜ人は泣きながら生まれ、笑いながら逝きたいと願うのか

「ありがとう」


果てがどこか、誰もみたことのない広い宇宙。


何もわからずこの世界に産み落とされた。


それが何であれ君がいるここが、僕らの世界の中心。


地球と月は毎年4cmずつ離れていくって。


二人が偶然出会い、そして回り始めてからずっと。少しずつ。


月日は流れやがて、終わりが来る。


「ありがとう」


誰が誰に言った言葉がわからないけど。


そうしてまた世界が生まれていく。

spring season

「クマのぬいぐるみがかわいいですね。」


僕は勇気を出して、声を掛ける。


「そうなんですよ。」


君が笑顔で返事をくれたから、僕の心は満たされた。


「君の名は?」


愛くるしい君の笑顔が見たくて、


僕は必死で、ほんと必死に言葉を探す。


そんな僕を見透かしたかの様に、笑顔で答えてくれる。君は本当の天使かい?



描いた夢を形にする、明日が待ち遠しくて、


君が輝く、未来が愛しくて胸が熱くなる。



あの花が咲く日を待ちながら。