あの風に吹かれて 〜blowing the wind〜

「風に吹かれて」徒然なるままその日暮らし。気づいた事感じた事を勝手に書き綴っていきます。

山の仙人


「分かってるんだろ。全部。」


あなたは私の目をじっと見つめる。


私はただ吸い込まれるように、あなたの瞳から目が離せなくなる。


不思議に酔わない酒と、凛と張り詰めた山小屋の空気。


あなたはまた豪快に飲み始める。


「命とは、酒なり」


あなたは何をみて来たのか。


私は何も知らない。なにも分からない。


ただあなたの瞳の奥にある、消えない過去の光を除いて。

The world of tensegrity part①

「My dearest」


it was just written at front of envelope.


and the back was


「from your soul friend.」



i opened the envelope and got out the manuscript to start reading.




Nov.26 tuesday


this is 8th day,since the process was started.


I have never forgot his death.anyway,go inside,deeply, to the middlecenter.

calmly but violently,passionately...

眠れない夜を超えて

「鳴らない携帯」


本当は気持ちを伝えたいのに素直になれず、


いつも君のことを思い出しては、涙が止まらない。


新聞配達のバイクの音が


静けさの中を駆け抜ける。


唇も肌の温もりも、全てが愛しく思えて


言えなかったあの時に戻れるなら、


あのバラードを君に届けたい。