あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

夕焼け小焼けで。

ある時僕は気づいてしまった。


「それは勘違い」


ということに。


君がいくら笑ってくれて、どんなに僕を想っていると感じていても。


日が暮れて、夕日が空を染める街。


海風は柔らかく僕の肌を包み込む。


本当の事なんてわかるはずもなく、


また知る必要もない。


ただ、風が。


向かう明日に。