あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

あの向こう側へ 〜Sound Things〜

「time is over」


シートの座席を倒し、


いつかの聞いたフレーズを口ずさむ。


夜空の向こうに見える世界の先に、


未来か過去か現在か。


心の目で激しく鍵盤を叩き、彼は何を感じたのだろう。


向日葵を書いた彼は何故、友の前で「それ」を切り落としたのか。


残されたものの、残された「時間」。


やっと掴んだはずの、愛しき人との「永遠の別れ」と、どうしようもない「失恋」と。


どちらが「幸せ」なのだろう。


「the answer is...」


心と耳を澄ませば。


僕にも君にも、聞こえるはず。