あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

人は「心」で生きるもの

道端の蓬を見た。


昨日まで、何も知らないと嘆いていた私


「うん 。」


君は僕をどう見ている?


蓬は何も語らなくとも、


人の「心」は動いている。


何かと何かを紡ぎ合わせながら。