あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

白馬の王子さま

「私の足、綺麗でしょ?」


そういってまた走り出す。


僕はただ落とされぬよう、


必死でしがみつく。


駆け出すステップの美しさと


横目でこっちを見つめる悪戯な瞳


「いつまでしがみついてるの?」


君は少し口をすぼめ不貞腐れる。



わがままばかり、じゃじゃ馬の君に


僕はしっかりと手綱をかけて走り出す。


白い君の首筋をそっと撫でる。


君はゆっくり目を閉じる。


君は白い息を弾ませる。


目の前には、二人で目指す明日が見える


そんな気がした。