あの風に吹かれて 〜blowing the wind〜

「風に吹かれて」徒然なるままその日暮らし。気づいた事感じた事を勝手に書き綴っていきます。

言い訳

「先に約束していたから」


ラインに来た君の返事


信じる者は救われる


そう、そのまま信じよう


「どうか、その時間があなたの幸せに繋がりますように」


「その人があなたにとって幸せが帰る相手でありますように」


ゆっくりと深い呼吸をする


空には綿飴のような雲


想いはいつも空を舞う


統合一致症

「あんたが悪いんだから」


ディスりたくなるけど、言えなくて


夕焼けのマンゴー色の空へため息一つ


あなたにわたしの想いがわかるなら


わたしはあなたの何を知るのだろう


life field forever

君が僕を選ぶことは


どんな天才ライターが書いても不可能だけど、


事実はとても奇なるもの


あのおじいさんは言った


「人の時とは風に吹かれる葉のようだ」


強い風のその先も、


そよ風に吹かれる人時も



アガスティアの葉に描かれた


川の流れは約束の地は何処へいく?