あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

IMA-GINE

「0:13」


君はもう夢の中だろう。


扉を開けた向こう側。


表層意識のずっと向こう側。



現実の、夢の、意識の狭間ってさ。


「魂」ってやつなのかな?


だれか歌った。


「きっと君は僕は夢見がちだっていうんだろ?」


彼の夢。


君は今どんな夢を見てるのだろう。


イメージしてごらん。


心の中が、「ジーン」としたなら。


いつか、君も僕らと一緒になれたなら。


ミライ航路

2100年。某校舎の片隅で。




つまらなそうにキミが眺めている、


近代史のあるページ。


「19〇〇ー20〇〇」。




どんな偉人が知らないけど、


楽な名前でいてほしいと思う。





ロゼッタストーンを知ってるかい?


案山子の予言は?


この世の果ての一角獣は?


インドの果てには全てを書き記したはがあるという。


時間の流れは一定なのか。



マルコポーロもマゼランも。


そして消えていった数々の名も無き冒険者達も。


「キミ」のミライ航路は誰も知らない。


いつかキミが、誰かが書き記すまで。


すきま風

あの晴れた春の朝。


車に乗り込む君が、閉めたドアが


君の、そう、爽やかな香りを運んできた。


時間は流れ、季節は変わり、


太陽が照りつける、


夏の暑い日に、


焼けた肌が似合う、君の風はもう居なくて。




君の心に吹く風に、


どんな気持ちが湧いたとしても、


僕は見抜く事はもう無理だろう。



凍てつく隙間風に、


どんなに震えていたとしても。




それでもずっと。


きっとずっと…