あの風に吹かれて 〜blowing the wind〜

「風に吹かれて」徒然なるままその日暮らし。気づいた事感じた事を勝手に書き綴っていきます。

ムーン ラプソディ

『愛している』


胸から放つ緑色の小さな粒子の光が


冷たい岩盤に届く時。


黄色い光が闇を照らす。


ただそこにある事が、


小さなカケラが生み出す世界。


『いし』


とはきっと。


『あなた』と『わたし』


がいる事は、


『わたし』と『あなた』


が出会う事は。


明日の宇宙は何色だろう。


uta

京王線の地下のホームで扉が開く。


いつものバイト帰り。


たわいも無い会話。


その瑞々しい感性は、若さの印。


その中にある悲しみや苦しみを、僕もそして君も知らぬまま。


電車が走り出す。夢は見えず、時は過ぎる。


大人になる事は何か夢を諦める事。


そう想って生きてきた。


そうじゃない。


夢を捨てる事は自分という命を生きる意味を失う事。


「俺がバンドを組んだら、いつか譜を描いてくれ」


君はそう言って、ホームに降りた僕に手を振っていた。


春の風を唄にして。


桜舞う風に想いを乗せて…


季節はまた巡って行く。


◯億円の名画✨


ウガンダの首都カンパラで購入した地元の画家の油絵。


粘土質で肥沃な赤茶色の土


白のハイエースに水色の帯を巻いた16人乗りのタクシー


二人乗りバイクトランスポーテーションの「ブラブラ」


値段は張ったけど、これを見るといつでも母なる大地の記憶が蘇るのでプライスレス。


姉妹画で、ガソリンスタンドが描かれていた絵は更に値が張るが、いつか揃えて飾れるような書斎を持つ日を夢見て…