あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

多摩川の河川敷

「彼についていくわ。」


君はそれっきり、僕の前から居なくなった。


河原で何を話したか、


緊張していた僕は何も覚えていないけど。


河原を走る少女に、


あの日の君を重ね合わせる。


僕がもう少しだけ大人だったら。


いつもその繰り返しだから。


だからきっと、君はきっと。