あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

経由駅

ひぐらしが鳴く、暑い夏の日。


空に一筋の光が流れた。


そうあの瞬間、全てが始まった。


君が彼を貫いたその時から。


世界が生まれ、時は流れ。


それからずっと君はずっと回り続けている。


時間とは、待ち遠しい何かに近づくだけのものだから。


またいつか一緒になるその時を待ち続けながら。