あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

眠れない夜を超えて

「鳴らない携帯」


本当は気持ちを伝えたいのに素直になれず、


いつも君のことを思い出しては、涙が止まらない。


新聞配達のバイクの音が


静けさの中を駆け抜ける。


唇も肌の温もりも、全てが愛しく思えて


言えなかったあの時に戻れるなら、


あのバラードを君に届けたい。