あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

一角獣の像とこの世の果て

僕は本を閉じ、外を眺める。


色彩を持たない、この世界の空の果てがどこなのか想像しながら。


僕の半分は君で、君の半分は僕で出来ていて。


そんな事も知らずに生きているから、また大切な事を失って。


失ってから気付くのは何故?いつも、どうしてそうなのだろう。


影に映りし残像が、誰かと重なるその日まで。