あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

何時ぞやのアイノリ

君から見た僕は、たぶん。


ただの都合のいい、オトコ。


ほんと、「ちょうどいい」


暇つぶしの「スマゲー」みたいなもんなんだろう。


いつも僕が君を見つめようとすると、


君は少し目を泳がせる。


僕にはその意味が分かる。


なのにどうして、手錠もないのに


君から離れられないのか?


ペットを見る時、車に乗るとき。


君の仕草にドキッとする。


僕のオトコの本能を、君は知っているんじゃないのかい?


それとも本当に「夏の魔法」なのか?


それともただ、既に落とされてるだけなのか。


「こんなに苦しいのなら、早く過ぎ去って欲しい!」


…なんて気持ちは更々なくて…


ただ君の無邪気な姿を見ていたくて。