あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

愛はムショウ

「あなた」がいることが


どれだけワタシの支えになっていて。


ワタシという存在がいることの意味など


「あなた」がただ私を必要としてくれるから。


「知っている?英語で「あなた」は「you」だけど、「あなたたち」には代名詞にないこと。」


「あなた」の存在しない事は、ワタシが存在しない事と同意義だから。


きっとカタチナイモノ。

信じる事より、自分が「何を」あなたの為に与えられるのかにかかっているんだと思う。


春から夏へ、秋から冬へと季節は変わる。


時は前に進む世界で、人の記憶だけが過去へ戻る。


「生きる時間」が有限のものであるとすれば。


それが「人の定め」ならば。


人はその限られた時の中で、


何をして「あなた」の心に問いかけたかによって価値が決まる。


ワタシが生きた「跡」は、「あなた」が決める。