あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

過去を「捧げる」

無邪気に未来を語り、互いを傷つけ、

さらにその傷を舐め合った日々。


「友とは永遠に…」


あの日、彼は何を手放し、何を得たのか?


人の記憶は、虚ろいやすく彷徨える存在。


きっとみんなの信じた

因果律の奏でるカルマの

前後に繋がる螺旋が現世なのさ。


「今を生きる」


ティーチャーはそう言ったけれど、

その方法を君は知っているか?


シナプスがどんな数であろうと、

所詮、君も彼女も同じホモ・サピエンスさ。


「今日人類が初めて土星についたってさ」


爽やかな風が優しく吹き抜け、


風は未来を連れてくる。


「シンギュラリティ」を超えても人は生き続けると信じたいから。