あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

至福のひと時


私は珈琲が大好きで、多い日は3杯ほど飲みます。


中でもやはり挽きたてが、一番香りが楽しめます。

時間に余裕がある日の朝は、ミールを使って自分で挽いて飲むのが楽しみの一つです。


豆は色々試しましたが、高価でもやはりブルーマウンテンに敵うのはないなぁって思います。


まだ知らない、美味しい珈琲豆に出逢えたら幸せだなぁと思う今日この頃です。

「祈り」が叶った日

「エアロビクスがいい」


あなたはまだ本調子ではないようだ。


それでもあなたにあえる日が、これだけ待ち遠しかったこの時がやってきた。


「頑張り過ぎなんだよ」


あなたはそう言うけれど、


「あなたもまた頑張り過ぎです」


僕はそう心の中で呟くき返す。


何よりあなたが生きている事が、僕を保つ事だから。


「有酸素運動も続けます」


あなたの代わりはやはりあなたしかいない。