あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

時と街と人

「ねぇ、ちょっとこっち向いて。」


ただ、その顔が見たいから。


気づかずに人は通り過ぎていく。


始まりと終わりがあるにしても、


命とは、どこまで行っても自分だけのもの。


他人の生き死には、自分の生死の間にだけ起こる事情。


それでも誰かの息衝きを感じて生きているのなら。


時はいつか全てを消しうるのか。


それとも…