あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

one swallow does not make a summer

誰にだって


どこにだって。


居場所があり、役割がある。


季節は巡り巡る。


どんなに頑張ったって、


一羽は一羽。


一人はひとり。


時は巡り、明日が来る。


だから今夜は、風に吹かれて。


月夜に照らされ、夢に抱かれて。