あの風に吹かれて

徒然なるままにその日暮らし。この世は不条理な事ばかり。なすがまま流れに身を任せ。「風に吹かれて」感じるより考える事が当たり前の人の世を、ありのまま書き綴ります。

相手のキモチ

心は一つではない。


「何を考えてる?お前は…」


檻の中の雄ウサギに問いかける。


彼はただこっちをみて、ほおの髭を動かし続ける。


人はただ、自分を映す「鏡」。


相手の反応こそ、自分自身の答え。


君かそんなにムキになるのは、僕の心がそうさせるのか。


こんなに君を好きだから、怒りと愛の熱さは表裏一体。


慌てる心、受け止める心。


分かり合えない二つの心。


そんなに不安がらないで。


僕がいつもそばに居るから。